短期バイトでサクッと稼ごう!短期アルバイトの探し方

短期アルバイトでも面接は要注意!身だしなみや対応マナーまでをご紹介

ライター

ライター画像人事部にてアルバイトさんの面接も担当しております。今回は短期アルバイトの探し方を紹介してますので、ぜひご活用くださいね。

特集ページ

  • 短期アルバイトとは最短1日から自分の都合に合わせて始めることが出来る短期アルバイト。特に学生さんに人気があります!
  • 短期アルバイトの探し方何回も面接を受けるのは面倒ですよね?ここでは短期アルバイトの効率的な探し方をご紹介します。

「短期アルバイトの面接対策」短期アルバイトの面接

面接は、働く人を募集する会社と働きたいと思っている応募者が直接会って話をすることで、応募者の人間性や能力を見極め、採用するかどうかを決めることです。応募者は、細かい勤務内容や条件などを確認することができます。面接に行って細かく話を聞いたら条件が思っていたのと違ったので辞退した。ということもあるのです。
面接の経験がたくさんある人などそんなにいません。普通は、緊張するものです。それは面接官も理解していますので、あまり不安に思わず自分を隠すこと無く堂々を話をすることが重要です。

服装と身だしなみ

アルバイトの面接でもきちんとした服装や身だしなみで訪問するのがマナーです。面接は、一般常識をチェックする場でもあります。たった一日のアルバイトだからといって適当な格好で行ってはいけません。スーツやジャケットを着用しましょう。もし、あなたが学生だとしても、面接官は社会人です。学生にとってスーツは結婚式など特別なときにしか着ないものかもしれませんが、社会人にとってスーツは仕事着なのです。
身だしなみも人を見るのに大切なポイントです。寝癖がついたままだったり、無精髭が伸びていてはその人の魅力は半減してしまいます。しわくちゃの服やシミが付いた服などは論外ですね。
女性は化粧にも気をつけたほうがよいでしょう。普段はどんなメイクスタイルでも構いませんが、当日は極力ナチュラルメイクにするべきです。カラーコンタクトレンズや派手な色使いは避けましょう。ファッションや容姿は評価につながりませんが、常識ある服装や身なり、そして会話の内容が評価されることを忘れてはいけません。

対応マナー

面接時に持参する書類などがあれば忘れることがないよう事前にしっかり確認しましょう。面接場所の確認も怠ってはいけません。迷って面接時間に遅刻するなどもってのほかです。少なくても10分前には到着するようにして髪型や化粧を直すなどの余裕が欲しいものです。もし、何かトラブルが発生して約束の時間に間に合わないことがわかったらすぐに電話連絡を入れましょう。フォローが適切であればそれほどマイナスにはなりません。
会場に入る瞬間から面接はスタートしています。挨拶は、忘れてはいけません。入室するときには、「失礼致します」と言って頭をさげます。必ず名前を名乗ってから「宜しくお願い致します」と面接官の目をみて丁寧に挨拶をしましょう。声をかけられてから着席します。終了したら感謝の言葉を述べ深く頭をさげてから退室します。挨拶は人間関係の基本ですので一番見られているポイントでもあります。抜かりなく丁寧に行いましょう。