短期バイトでサクッと稼ごう!短期アルバイトの探し方

履歴書で失敗しない書き方とは?短期アルバイトでも油断は禁物

ライター

ライター画像人事部にてアルバイトさんの面接も担当しております。今回は短期アルバイトの探し方を紹介してますので、ぜひご活用くださいね。

特集ページ

  • 短期アルバイトとは最短1日から自分の都合に合わせて始めることが出来る短期アルバイト。特に学生さんに人気があります!
  • 短期アルバイトの探し方何回も面接を受けるのは面倒ですよね?ここでは短期アルバイトの効率的な探し方をご紹介します。

「短期アルバイトで失敗しない履歴書」短期アルバイトの履歴書

たとえ短期のアルバイトであっても履歴書は必要になります。履歴書は大切なファーストコンタクトのツールです。ラブレターと同じだと思ってもいいでしょう。自分のことをしっかりアピールして、自分は相手にとって必要な存在であることを伝えなければなりません。恋愛も仕事探しもそれは同じことです。
採用する側も、履歴書を見るだけでその人のことがだいたいわかります。失敗しない書き方をおさえておきましょう。

写真

履歴書には必ず写真を貼らなければなりません。プリクラなんて貼るのは論外です。写真は、意外と常識が試されるところ。写りがいいからといってスマホで撮った写真をプリントアウトして貼るのも絶対NGです。できれば写真館で、最低でもスピード写真で3ヶ月以内に撮影したものを貼りましょう。
服装も重要です。カジュアルすぎる格好は避けて襟付きのものを着用するとよいでしょう。

空欄は作らない

履歴書には、記入する項目が並んでいますが、空欄を作るのはやめましょう。中には書きづらい項目もあるかもしれませんが、時間がかかっても必死に考えて記入します。日付などは記載漏れがおこりやすいところです。書き上がったら何度かチェックをして空欄が無いことを確認しましょう。なお、初めてアルバイトをする場合など経験が無ければ、職歴の項目には「職歴なし」と記載します。絶対に空欄はだめです。

ボールペンを使うこと

学生さんに多いのが、シャープペンを使って履歴書を書く人です。きちんとした書類は、消すことができないボールペンで書くのが常識です。ここでも、常識力が試されています。
また、字の上手い下手は仕方がないことなので評価には関係ないでしょうが、雑に書くのはだめです。見る人は、たとえ字が下手くそでも丁寧に書いたのか、適当に書いたのかはすぐにわかります。雑に書き殴ったような履歴書を見て好感を持つ人はいませんね。一生懸命丁寧に書きましょう。

略さない

前述のとおり、履歴書は大切な書類です。もし嘘を書いたら私文書偽造となるようなものです。そんな書類で省略形をつかった書き方をするのは論外です。例えば、住所などは都道府県から書き始め枝番なども省略してはいけません。日付も「平成」「昭和」ときちんと記載します。「H」や「S」などと書いてはいけませんよ。「高校」も正しくは「高等学校」です。履歴書は、志望動機など考え方や思いも重要なポイントですが、何度も言うように常識をチェックするという観点もあるのです。